店舗物件は東京で探しにくい?

Filed in 未分類

自分のお店を持ちたい、サロン、クリニックを開業したい、今の事業を大きくしたいなど、様々な理由で店舗を探している方も多くいます。
自分の足で不動産業者をめぐり、希望の物件を探すことは大変なことです。

店舗物件
いろいろな条件で探すことができ、一度にいくつもの物件情報を確認することができるため比較することもでき、時間を有効に使うことができます。

東京は日本の中心都市ということもあり、日本でもっとも店舗があります。
路地に面した大きい店舗もあれば、裏路地に入って目立たない場所にも、色々な業種の店舗があります。

店舗物件 東京

当然ですが良い立地であればあるほど、賃料は高くなっていきます。
良い条件でお店を持ちたいというところが経営者の本音ですが、経営を成り立たせて利益をあげなければ、賃料も払うことができません。

大通りに面した店舗だけが好立地であるとは限りませんから、都内でもいろいろな地域で探してみましょう。
お店やサロンをオープンさせるには、資金が必要です。

外装、内装、インテリア等にこだわれば、予算はオーバーしてしまいます。
また、手持ちの資金は少ないものの、少しでも自分の理想のお店に近づけたいと考える方もいます。

こちらをご覧ください。
居抜き物件

様々な業種の居抜き店舗が見られていて中には必要な機材、家具がそのまま残っている物件、内装がまだ新しい物件などがあります。
このような居抜き物件を使って初期投資を抑えることで、思い描いたお店が現実に近くなってくるのです。

カフェの新規出店には居抜き物件も!

Filed in 未分類

狭い土地でも、気軽に開店できるカフェ経営。
資金の少ない若いオーナーも多く、居抜き物件を利用するケースが多くあります。
カフェ経営をする場合、内装のデザインやキッチンスペースは重要になってきます。
レストランよりも、カフェの方が、個性で勝負をしているお店が多く、どこの店舗もデザインに対するこだわりは非常に強く持っています。
オーナーのコンセプトを重視するのも大事ですが、やはりお店作りには現実問題として、非常にお金がかかります。

初期費用で全ての費用を使い果たしてしまうと、今度は経営を始めた途端から、資金繰りに困ってしまうケースもあります。
そのため、予算が少ないオーナーには、居抜き物件がお勧めです。
出店で費用を抑え、その後の余裕を持って経営していくためには、やはりある程度の予算を残しておくのが大事です。
出店はあくまでスタートであり、その後も経営は続きます。
最初の出店で全力を出してしまう必要はありません。
安く抑えられる部分があれば、それはそのまま利用してしまった方が賢明です。

出店をしても、経営が上手くいくかどうかは、誰にもわかりません。
その後に上手くいくケースもあれば、上手くいかないケースもあります。
自分の思い通りの店舗にするには、お店の経営がある程度軌道にのってからでも遅くはありません。
予算が少ないうちは、居抜き物件で利用できる厨房設備や備品は、そのまま利用できるのであれば、使った方が予算が安く済むのでおススメです。

新規出店の費用を抑えるなら
居抜き物件

人気上昇中の居抜き物件

Filed in 未分類

最近、居抜き物件の取引がどんどんと急増しています。
居抜き物件で会社を急成長させた例として、『エムグラントフードサービス』の井戸社長の手腕が有名です。
エムグラントフードサービスは、『ステーキハンバーグ&サラダバー けん』で有名なレストランチェーン店です。
井戸社長は、居抜き物件を利用し、初期費用を抑えた出店計画で、どんどんと店舗を増やしていきました。

飲食店には特におススメ
居抜き店舗

お店を出したくても、お金があんまりないという人には、居抜き物件の利用が非常に役立ちます。
飲食店の場合、業務用の大型冷蔵庫や専用のキッチンを導入すると、それだけでかなりのお金がかかってしまいます。
キッチンがある物件をそのままの内装で利用した方が、間違いなく無駄なお金がかかりません。

しかし、居抜き物件と言っても、やはりキッチンがまだ使われて日が浅い場合は良いですが、かなり使用期間が長い場合は、メンテナンスが必要になるになる可能性もあります。
比較的新しい居抜き物件は、そのまま特別な手を加えることなく、そのまま再利用できる可能性が高いので、非常にお得です。
居抜き物件で悩んでいる人は、まずは一回、実際に店舗を見てみることも重要だと思います。

実際に探してみる
店舗物件

あまりにも使い勝手が悪く、やはり自分で全部店舗のレイアウトを決めたいという場合もあると思います。
どの部分を使えるかは、やはり自分の目で確認する必要がありますので、少しでも出店費用を抑えたいと思う人は、居抜き物件の取引も検討してみると良いと思います。

レイアウトを変えるなら
店舗デザイン

店舗仲介でお得にサロンを開店する

Filed in 未分類

店舗を新規オープンするにあたり、できるだけ初期費用をかけずにオープンしたい、と考えるオーナーさんは多いと思います。

初期費用を抑える、といっても色々な視点からおさえることができますよね。

たとえば、美容院(サロン)を新規オープンしたい、という方がいたとします。
(最近は色んなお店が増えていて、オシャレな外観だったり、とにかく安さを売りにしたお店も多いですよね)

そんな時にできるだけ初期費用を抑えるのなら、どうしたらいいと思いますか?

・敷金礼金の安い所を探す(住居物件と同じ観点ですが、この費用は店舗物件だと住居物件よりもかなりかさみますので、安いところがあればかなりラッキーかもしれませんね)

・理想の場所とは違う立地条件でオープン計画する
(たとえば駅近くだったところを、駅から徒歩15分圏内と広げるとかなり賃料も変わってきます)

・居抜き物件を探して内装だけ変更してしまう
(特にサロンの経営には必要な設備が多く、高額のものも沢山ありますので、ちょうどよい物件があればかなり嬉しいですよね)

・仲介手数料が安い物件(不動産業者)を探す

など色々あるかと思います。

ですが、お店を成功させるためにもできれば立地に関しては譲れない、と感じる場合もあるでしょう。
そうすると居抜き物件を探す、というのが近道に感じられてきますよね。
(仲介手数料だと賃料の1カ月分んが相場ですので、お得感でいうと他にはかないませんね・・)

最近では居抜き物件を探される方も多いからか、居抜き物件を専門に取り扱う不動産業者も増えてきています。
ネット上に公開されているものもありますので、みてみる価値はあるのではないでしょうか。

できればさらに一歩踏み込んで、もっとお得に、いい物件とめぐり合うためにも、そうした業者と繋がりを持って置いて、未公開情報の居抜き物件を紹介してもらえるようにしておく、というのもおすすめできます。

店舗仲介

店舗売却をする前に知っておくべきこと

Filed in 未分類

「今のお店を閉めるから」

「店舗を引越しさせようと思っている」

今使っている店舗を出て、そのまま閉店したり、違うテナントに移ったりと考えている人もいらっしゃるでしょう。

店舗売却を経験したことがある人は分かると思いますが、店舗を出る際にはお金がかかります。

まず、店舗デザインを施した場合はその解体費がかかります。同時に原状回復費という名目で、借りた時の状態まで戻す為の費用を徴収されるケースもあります。

また、契約期間が設定されており、その前に解約する場合は、解約手数料なども発生します。

解約手数料はテナント業者によって異なりますが、中には家賃が6ヶ月分請求される所もあると言われています。

月50万円のテナント料であれば、50万円×6ヶ月で300万円もかかってしまいます。

このように店舗を出る際には、様々な費用が発生してしまうのです。

安く抑える方法は無いか、と悩む人もいますが、実は「居抜き物件売却」と呼ばれるサービスを使えば、コストを安く抑えることが出来ます。

【居抜き物件とは?】

居抜き物件とは、今まで使っていたキッチンなどの機器をそのまま残し、売却することを指します。

設備なども一緒に売却することが出来るので、その分収入が得られます。

収入分を差し引いて計算すると、普通に売却するよりも安く抑えることが出来るのがメリットです。

中には、100万円近く浮かせることが出来たという実例もあります。売却を考えており、設備売却をしても問題が無い場合は、居抜き物件も検討してみましょう。

店舗物件

店舗仲介の頼れる味方

Filed in 未分類

何かのお店を始めようとした場合、例えば雑貨屋さんやカフェのような飲食店などがそうですが、そのようなお店を始めるに当たっては、当然自分と仲間の働くお店と、お客さんが入ってくるお店が必要です。
そうなると、必然的に店舗を構えるというビジネススタイルになりますね。
このような店舗経営をしようと思考した場合には、当然として良い立地条件の、経済的にも安定を築きやすい物件を狙いたいと思うのは当然です。

店舗経営をするにあたって、店舗を運営する際には、土地と店舗を丸ごと購入して、自分の作りたいお店にカスタマイズする方法か、店舗をレンタル、つまり店舗仲介を介して、もしくは直接交渉するかによって店舗を借りるという手段があります。
土地と店舗を丸ごと手に入れてしまえば、家賃も必要ありませんし自分のやりたいように出来ますが、そうなると初期コストが凄まじい金額になってしまいます。
そこで、店舗運営をする最初の段階は、建物や土地の所有者に対して、貸借するという関係を結んだり、テナントとして入るという方法が現実的です。

店舗の建物や土地の所有者と、店舗を構える際のやりとりは、未経験の人が大半である事が多く、専門的なことがわからないケースも多いものです。
そのような事情から、専門知識と経験が豊富な店舗仲介のプロフェッショナルを介した方が、スムーズな交渉が出来て、店舗運営までこぎ着ける時間を短縮出来ます。

店舗物件ラボは、Q&Aのコンテンツにある通りに、物件契約に関する相談にも応じてくれているとあるので、まずは店舗物件ラボに相談を持ちかける事で、店舗仲介や物件選びの手助けをしてくれますよ。
店舗物件

サロンデザインは美容室の経営にも関わる

Filed in 未分類

サロンデザインで最も重要なもの、それはサロンコンセプトです。
サロンコンセプトは、インテリアや内装のイメージだけではありません。
サロンの理念や利益目標、ターゲット層、強みなどが含まれます。
各項目ごとにできるだけ具体化し、サロンデザイのンコンセプトを決めきましょう。
1つ1つ府栓に書いて、大きな紙に貼ったり、書き出したりすると、コンセプトを描きやすいでしょう。
このコンセプトがサロン作りの土台となり、それによって内装やインテリアの方向性がきまってくるのです。

コンセプトが固まったらまずは、物件選びです。
物件は、立地が客層やサロンコンセプトに合っているか、よく検討しましょう。
また、インフラ面の確認が契約前の最重要事項です。
電気、ガス、水道など、サロン経営で不可欠な設備が十分にそろっているかどうかは、業者などのプロといっしょに下見しましょう。
これらの容量によって、美容サロンには向いていない物件があり、場合によっては思わぬ工事コストがかさむことになります。

例えば、美容室の必需品、シャンプー台を2台設置したのに、水道径がそれに見合わないものだったというケースがあります。
その場合、加圧ポンプや循環型給湯器を新たに設置しなくてはなりません。
また、契約後に屋外に給湯器を設置できない物件だったことが明らかになり、煙突工事をしなければならなくなったというケースもあります。
このほか、電気容量が足らずに、容量アップの工事が必要になった事例もあります。
このようなケースでは、最初から予算オーバーの赤字経営になりがちです。

サロンデザインに重要な美容室の情報はこちらから
美容室 デザイン 東京

お客さんの目線で美容室の内装工事、店舗内装をリニューアル

Filed in 未分類

美容室は美に関わるお店のため、その内装もお客さんはよく見ています。
美容師さんの腕だけでなく、内装も美容室選びの判断要素となります。

美容室の内装工事、店舗内装でリニューアルする際、お客さんの目線でデザインや導線を考えてみましょう。
長い時間居るのでお客さんが落ち着いて時間を過ごせるようなデザインが好まれます。
最もスタンダードなのは、白を基調にして濃い目の木材、または明るめの木材を使用したデザインです。
白を基調にすることで清潔感が生まれ、木目を活かすことであたたかみが感じられます。

シックなデザインにするなら白と黒のツートーンがいいですね。
シンプルだけにデザインにまとまりがあり、大人っぽい落ち着いた雰囲気を演出することが出来ます。
インテリアを配置したり、小物を置けるシェルフやスペースを設けるとアクセントになります。

ナチュラル、近未来、アジアンテイスト、メルヘン、ファンタジーなどなど、コンセプト次第で美容室の個性が表現出来ます。
テーマやコンセプトが最初に決まっていればプランを立てやすいですし、居抜き物件ならゼロから内装デザインを考案出来るので自由にイメージして素敵な美容室を作っていきたいですね。
美容室の内装工事、店舗内装にこだわることでお客さんにお店を印象付けることが出来、気に入ってもらえればリピーター獲得へとつながっていきます。

美容室の内装工事、店舗内装を得意とする設計事務所はこちら

美容室 デザイン 東京

ゼロから内装を変えられる居抜き物件探しはこちらのサイト

居抜き物件 東京

美容室開業は難関?

Filed in 未分類

美容室開業といえばそのメリットは?開業される方の素質にもよりますが、まずはアイデイアを注ぎ込めば注ぎ込むほど魅力的なものができる、他のお店を大きく差別化することだって可能であると言えます。しかし実際には素質があるだけでは不可能に近く、美容室業界も厳しいよね、という方は少なくありません、人出不足も蔓延化してきたり、料金についてもどんどんディスカウント化が進んでいます。そんな中で開業することは、やはりかなり大きすぎる投資のイメージも強いものです。

クールなデザインや見た目の清潔感、空間の明るさなどの要素は既に出切っているものである、とも言われています。ではどうやってカスタマーの感覚を誘うことができるのでしょう?気持ちよく美容コストをかけて通ってもらえるような工夫はまさに個人としての演出力にかかってくるとも言えます。

美容室開業には内装デザイナーとの連携ももちろん大切です。まずイメージをしっかり伝えること、時間もそれほどありません、居抜きであれば賃料契約が済んでしまい、その後ある程度の時間が空いてしまうとどうしても費用が苦しくなってきます。

美容室 居抜き

内装工事

オフィスデザインといえばゲーム会社やファッションブランド等、かなり面白そうな会社だよね、とも言われるタイプが増えています。もちろん大きな会社でなくても、オフイスを楽しく演出することは企業にとって明るい材料、高い利益を産むための大切なアイデイアと言えます。

オフィス デザイン